冠婚葬祭あれこれ

結婚が決まったら、新しい二人の人生の門出の準備をしましょう。
(下の例はだいたいの目安としてお考えください)

両家への挨拶

まずは、お互いの両親へご挨拶におうかがいしましょう。

1年~6か月前にすること

【会場・式場選び】

両家で相談の上、1年前~最低6ヶ月前までには式場を予約しましょう。春や秋など時候のよい季節、土日や大安、友引に予約が集中するので、希望の日程が決まれば、なるべく早めの予約をお勧めします。
結婚式のスタイルは、キリスト教結婚式、人前結婚式、神前結婚式、仏前結婚式など様々な形がありますので、ふたりでよく相談して決めましょう。

【結納】

式場が決まったら、お互いの両親を交えて結納の儀式を行いますが、最近では会食等で簡単に済ませるケースもあります。結納品としては、婚約指輪を贈るのが一般的です。
結納のスタイルや贈り物などは、お互いの両親ともよく相談して決めることをおすすめします。

6~3か月前の予定

【衣裳選び】

女性が最も憧れるウエディングドレス。希望の衣裳のイメージ、予算、お色直しの回数などが決まったら、少なくとも3ヶ月ほど前までには衣裳を予約しましょう。
レンタルドレスもしくはオートクチュールドレスがありますが、オートクチュールの場合は、少し早めに準備した方が良いでしょう。

【招待状】

3ヶ月前ぐらいまでには招待客のリストアップを行い招待状の手配を行いましょう。

6~1か月前の予定

【演出】

結婚式、披露宴のプログラム、余興、スピーチ、BGMなど、約1ヶ月前までには決めておくのが理想的です。司会や音楽演奏などは、式場で依頼してくれる場合もあるのでプロに任せる場合は、相談してみましょう。

【装花】

ブーケ、ブートニア、会場装花などは、イメージと予算を伝えた上で、少なくとも1ヶ月前までには決めておきましょう。

【料理・ケーキ】

事前に試食会がある場合は、実際に試食して予算や内容を決めることをおすすめします。少なくとも1ヶ月前には、人数と内容を決定しましょう。

6か月前~当日の予定

【ヘアメイク・エステ】

担当のヘア、メイクアーティストに、希望のイメージをはっきり伝えましょう。ドレスやパーティスタイルに合わせることも大切です。ヘアは、ティアラやクラウン、ボンネ、お花など色々な小物でアレンジが楽しめます。
フェイスやボディなど、挙式までのトータルエステは、花嫁を心身共に美しく輝かせてくれるでしょう。ブライダル用のエステプランもあります。

【写真・ビデオ】

前撮り、当日のアルバム、ビデオ撮影など、結婚式の思い出を残すために、プロの様々な撮影があります。結婚式場で手配してもらえる場合もありますので相談してみましょう。

【2次会】

結婚式の後に、親しい友人や知人を交えてのパーティーです。結婚式場で2次会スペースを準備していただける場合もあるので、会場の有無やスケジュール、費用等を確認してみてはいかがでしょうか。

冠婚葬祭あれこれ(婚礼編)
両家への挨拶
両家への挨拶
1年~6か月前
会場・式場選び
結納
6~3か月前
衣裳選び
招待状
6~1か月前
演出
装花
料理・ケーキ
6か月前~当日
ヘアメイク・エステ
写真・ビデオ
2次会

PAGE TOP